食い尽くし系と言われた!自力で治せる方法はあるの?

食い尽くし系と言われたアナタへ…

食い尽くし系と言われた

「そんなに食べて大丈夫?大皿がもうないよ!食い尽くし系だね」

「人の分まで食べないで!食い尽くし系なんじゃないの?」

家族やパートナー、友人や知り合い、会社の上司や同僚等に指摘された経験はありませんか?

食い尽くし系の予備軍、もしくは当事者に全く自覚がなくても、気が付けばもう食い尽くし系になってしまっていることも十分にあり得ます。

それまで自覚が全くなかった人にとっては、かなりショックな言葉だったに違いありません。

すると、食い尽くし系って一体どんな人なのか、自分だけではなくみんなにとっても普通のことではないのかという考えも浮かんでくるでしょう。

また、もし自分が食い尽くし系であるのだとしたら、治し方をぜひ知りたいですよね?

今回は食い尽くし系の定義から治し方に至るまで、さまざまな角度から自分で食い尽くし系が治せる方法を一緒に模索していきましょう。

食い尽くし系と言われたら、その定義とは?

自分が食い尽くし系だと思えない、食い尽くし系が何かを知りたい人は、まず以下の項目に自分が当てはまっていないかどうかチェックしてみましょう。

とにかく食べることが大好きである

美味しいものを食べることが大好きというのは、誰にでもある欲求かもしれません。

でも、その美味しい食べ物を一人だけで食べたい、たらふく食べられたら幸せと思っていりる人は注意する必要があります。

食事会や飲み会で他の人の料理を食べてしまったり、みんなで食べる大皿料理を一人でほとんど平らげてしまったり、明日のお弁当のおかずを横取りしたりしていませんか?

自分の分だけではなく、他人の分まで全て食べ尽くしてしまうのは、もう立派な食べ尽くし系になっています。

追加オーダーして食べたりするのは構いませんが、人の分を少しでも横取りし始めたら黄色信号です。

周りの人が嫌な思いをするような食べ方をしていないか、再度自分を振り返ってみてくださいね。

家にあるものは全て自分のものと考えている

同居家族や同性のパートナーと住んでいる人は、基本食事を共有しているのが一般的です。

冷蔵庫の中や戸棚、パントリー等にしまってある食べ物や飲み物は勝手に飲食してよいと思っていませんか?

住んでいる家が同じだからと言って、何でも飲み食いしていいわけではありません。

例えば、それは誰かが楽しみにしているケーキやプリンかもしれませんし、明日のお弁当のために残した肉じゃがや唐揚げかもしれないのです。

家にあるものでも、同居している家族やパートナーに一言断って食べるのが最低限のマナーになるのです。

年齢や性別に偏見がある

一般的に子ども、女性、高齢者は少食で、男性と比べると全体的に食べる量が少ない傾向があります。

ただし、人によって変わるため、この考え方が全ての人に当てはまるわけではありません。

また、長年一緒に食事をしていれば、「この人はどのぐらいの範囲までが許容量なんだな」と分かるはずです。

それを勝手に決めつけて、相手の食べる分を横取りしてしまうのはルール違反なのです。

きちんと相手に了承を得た上でもらうのであれば問題ありませんが、勝手に少食と決めつけてはいけません。

食べ物の好き嫌いが激しい

食べ物の好き嫌いが激しい人は、当たり前の話ですが、食べられるものが限られます。

そうすると、好きなものばかり食べて、嫌なものを他人に押し付けてしまう状態が起こります。

特に野菜やチーズやキムチ、納豆等の発酵食品は嫌いな人が多く、ご飯や麺等の炭水化物や、肉類、デザートや果物等の糖質が多いものをよく食べます。

どちらかと言うと、万人受けするものを狙い、人の分まで食べ尽くしてしまいます。

あなたの無意識の勝手な行動が、他の人の楽しい食事の時間を妨げているかもしれません。

ケチな性格をしている

必要以上にお金を使いたくないが、一人前の食事量では到底足りないという人がこのタイプです。

割り勘でも食べ放題でも、元を取らなければ損とばかりに食べ物を食べ続けます。

特にお互いに割り勘の場合は質が悪く、パートナーや家族、友人の分を横取りして、なるべく安く済ませようとするドケチ根性が働きます。

一口、二口ぐらい相手の分を断ってもらうのは全く気にならない範囲だと思います。

ただし、食い尽くし系の場合、追加オーダーで一皿頼んで独り占めしてしまう等、現実では考えられないことを無意識に行っているのです。

食い尽くし系と言われた人が、それになった理由とは?

それではなぜ食い尽くし系になってしまったのでしょうか?

それも自分の自覚症状が全くなく、人に指摘されて気が付いたの人は、喉から手が出るほどその理由を知りたいはずです。

今回は、食い尽くし系になってしまう理由を詳しく分析していきたいと思います。

大人数の兄弟姉妹がいたから

例えば、5人兄弟の場合、5等分されたとしてもわずかな量しか食べることができず、食べ物に関しては我慢する機会も多かったのではないでしょうか?

特に男子ばかりの兄弟の場合、弱肉強食で長男が一番食べられることが多く、一番末っ子や下から二番目ぐらいにはなかなか食べ物が回ってきません。

幼い頃食べられなかった食に対する執着が、食い尽くし系を生み出してしまったという結果になります。

両親や祖父母が何でもくれたから

長男や長女、一人っ子に多いのがこの例ではないでしょうか?

一人娘や息子、初孫は可愛いものですね。

両親や祖父母が幼少時代に甘やかして育ててしまい、何でも与えたが故に自然と自分の食べ物以外にも欲しいだけもらえてた人に起こる病気でもあります。

自分の分を平らげてしまっても、人の分まで横取りし、自分が満足するまで食べ続けるのがこのタイプになります。

大食いで早食いする身内がいたから

両親や祖父母等、身内の人が大食いで早食いの人が多いと、自然と子どももそれを真似て育ちます。

大皿で料理を出しても、大食いで早食いだとあっという間に料理がなくなってしまいます。

おかわりがあるうちはいいですが、全てなくなってしまい満足できないと、他の人の料理にまで手をつけてしまうという食い尽くし系です。

朝ご飯を早く食べて、時間に余裕を持って学校に行かせようとしたことが早食いになってしまったなんていうこともあるみたいです。

それで大食いであったりすると、個々でも食い尽くし系が誕生してしまうのです。

摂食障害を患っている

過食症や拒食症、どちらも今はいいですが進行すると死の危険性があります。

過度なストレスで食事をドカ食いすることで、自分を満たしています。

過食し過ぎた結果、全て食べたものを嘔吐し、永遠に食べ続けます。

精神的にも肉体的にもコントロールができず、自分のもの以外にもどんどん他人のものも食べてしまうという病的な食い尽くし系です。

このタイプは食い尽くし系云々ではなく、即刻病院に相談すべきです。

食い尽くし系と言われた人へ、どうすれば治せる!?

今まで食い尽くし系の定義やそうなってしまう理由について、説明してきました。

それでは、食い尽くし系の人は治せるのでしょうか?

結論から言うと、治せます。

まずは、相手に対する思いやりを持つことです。

病気以外の場合、食い尽くし系になりやすい人は、大概自分のことしか考えていない人です。

食事を目の前にした時こそ、他人に対する思いやりを発揮し、コミュニケーションを取りながら食事を楽しむようにしてみましょう。

次に、誰かの食べ物を食べてしまった場合、再度同じものを購入してきましょう。

相手の苦労を自分でも感じられれば、再び同じ過ちを繰り返すことはないと思います。

最後に、食い尽くし系の人と情報を共有するのも良いでしょう。

最近はSNSが発達していますから、匿名で誰かと情報交換し、その成功例を自分で実行してみるのも解決策の1つです。

同じ食い尽くし系仲間の声は共感しやすく、実践しやすいのも利点です。

食い尽くし系と言われた:まとめ

食い尽くし系ともし言われてしまったら、再度自分の言動や行動を振り返ってみましょう。

そのまま放置しておくと、人間関係を破壊し、恋人との別れや離婚等、悲惨な末路が待っています。

食べ物を目の前にした際には、いつも以上に危機感を持ち、相手を思いやる行動をすべきなのです。

みんなとコミュニケーションを取りながら食事をしている雰囲気の場所では、食い尽くし系モンスターは二度と現れることはないでしょう。

参考記事